スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日は暇なのです。

2006-03-14 14:15

宝塚についておしゃべり開始ですよ。


仕事が暇なので、違う話題にふれてみる・笑


まずは、宝塚についてご説明。
宝塚歌劇団、世界に稀な女性だけの劇団。兵庫県宝塚市(ヅカ用語で ムラという)を拠点に、東京、有楽町(ヅカ用語で 東宝という)にも劇場をもつ。
の5組の組からなり、だいたい70人前後が組にいる。それぞれにトップ男役、娘役(今は、主演男役、娘役という)が各一名づつおり、一年を通して様々な公演をみせている。
宝塚の団員になるためには、まず、宝塚音楽学校(二年間)に入学しなければならない。倍率は毎年違うが、大体20倍前後。(募集定員40人 だったはず・笑)受験資格は、中3~高3の容姿端麗353な女性のみ。(募集要項に本当に書いてある・笑)受験科目は、歌。バレエ。
とまぁとにかく、入るのも難しけりゃ、入って名の知れる存在(トップ)になるのなんて、宝くじ当てるより難しい。そんな世界だ。


KAT-TUNファン歴は1年だけど、塚ファン歴はそこそこ長くて、今年で8年だったりする。
きっかけは、BSで放送していた「エルドラード」(1997年月組で上演 主演真琴つばさ)だった。
最初は馬鹿にしてみていたのに、気付けばその異様・笑 な世界に嵌っていた。(あたし、このパターン多いな)
次の日も放送があることを知り、出会ってしまったのです・・・。


和央ようか (わおようか) さんに51


まさに絵に描いた王子さま。すらりと背が高く小顔のそのお姿は、現実のものじゃない。
この世の中に、あんなスタイルのいい人間が存在するとは・・・。(あっ、因みに男役の方です)


私がファンになった当時、たかこさん(宝塚には各々愛称があり、ファンはその愛称を呼んでナンボの世界である・笑)はまだ、宙組の二番手(最近じゃ言わなくなったヅカ用語 トップの次に出番の多い男役)でした。
初めて見たたかこさんの舞台は「クロスロード」で、大阪まで一人で行きました。


あの感動、あの衝撃、あの高揚感、あの幸福感、あの・・・ (分かったって・笑)
幕が開いた瞬間に、大粒の涙を流していました・・・。


17日のKAT-TUNライブはこうなる危険性大268


以来、一作も欠かさずムラと東宝に足繁く通う月日が訪れました。


こっからたかこさんトークになるんで興味のない方は、にクリックしてからお帰りください・笑


続きは下から。

たかこさんの何がいいって、まずあの歌声。


ビデオじゃ拾いきれない伸びのある高音は、生で聞いたら酔いしれるほど・笑


ずんこさんと二人で歌う場面は、今でも鮮明に思い出せるぐらい高低音がきれいにハモってて鳥肌が立ったぐらいだ。


そして、あの立ち姿。「うたかたの恋」のマイヤーリンクの場面の白い軍服姿ったら・・・。
ため息が自然にこぼれるほど凛々しかった51


王子。が宝塚で一番似合うのはたかこさんだと思う。


だから、最後は王子様で退団してほしかった・・・。それか、幻となってしまったディナーショーで見せた、アナスタシア。。。


まぁ、贅沢な悩みなんですけどねぇ~。どうせ、小池先生がするなら・・・とか思うわけよ、ファンはね・笑


唐突にトップになってからのたかこさんの作品、ベスト3とワースト3を発表にして終わりたいと思います。 (仕事が舞い込んできたので・笑)


ベスト3                 ワースト3


1、ファントム            1、ホテルステラマリス
2、うたかたの恋          2、白昼の稲妻
3、カステルミラージュ       3、風と共に去りぬ


風共は作品が嫌いなんじゃなくて、単にたかこさんには合ってないから嫌い・笑
バトラーって感じじゃないもんよ。
ファントムは顔が仮面で半分隠れてるんだけど、たかこさんの歌声を存分に堪能させてもらえたから、1位!!


まだまだ、好きな作品について語りたいのでちょこちょこ塚話もしーよおっと・笑

スポンサーサイト
別窓 | 宝塚 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ヘソがチラリ・喜 | カプリッチオーソ ロクェレ | 浜ちゃんいいなぁ~・笑>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | カプリッチオーソ ロクェレ |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。